読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPod、iPhoneの音楽データをMac PCへ戻す方法

iPodiPhoneの音楽データをMacのPCへ戻す方法は出来ない、出来るが面倒な操作だ、専用のソフトが必要、などなどネット検索しますとなんだがPCに慣れていない人は尻込みしてしまいますよね。ターミナルを開いて隠しファイルを表示させる方法でiTuneデータがどこに保存されているのか見つけ出す、なんてちょっと抵抗を感じます。そこで長年iTuneとiPodをいじってきた私が、それほど難しくなく、また、高価なソフトを必要としない方法をお知らします。ただ、この方法は失敗する可能性も無きにしもあらずですので、iPodのデータは絶対に消さないよう注意してくださいね。自己責任でお願いします。それでは始めます。あ、そうそう、OSXはSierra 10.2.2の最新バージョンですが、以前のバージョン(Lioneなど)でも全く同じです。

 

Step-1

 

1.まず、保存されているiTuneのデータは何処にあるか探します。それには、

2.Finder➖移動➖ホーム➖『ミュージック』とクリックしてゆき、このミュージックフォルダー内に『iTune』というフォルダーがあります(これ開かないように注意してください)

3.この『iTune』フォルダーを外付けHDDへ移動します。ドラッグすれば簡単に移動できます。この際、日付やフォルダー名を変えると良いでしょう。例えば2017年1月1日iTune(1)とかのようにです。

4.次に『ミュージック』にあった『iTune』フォルダーをゴミ箱へ捨てて削除してください。

5.これで準備は整いました。ここで注意することはすでに『ミュージック』フォルダーにはiTuneデータがありませんのでiTuneを起動すると『“iTunes Library”を含むフォルダが必要ですが見つかりません。新しい iTunes ライブラリを選択するか、作成するかしてください』というメッセージが出ます。気にしないでキャンセル。ただし、この段階ではiTuneは開けませんので我慢してください。

 

Step-2

1.さていよいよ外付けHDDに移したiTuneデータをMac PCへ移します。

2.Step-1の2の操作をしてください。『iTune』フォルダーはなくなっていますね。

3.この『ミュージック』フォルダーに外付けHDDのiTuneデータをコピーします。ドラッグだけで良いです。

4.大容量だと10分位かかりますが、3GBとか5GB位なら3分位です。

5.開いている全ての画面を消してください。

6.iTuneを起動するとStep-1の5もメッセージが出ますので『ライブラリーを選択』をクリックします。

7.すると、外付けHDDからコピーした『ミュージック』フォルダーが開きますので、そのコピーしたiTuneフォルダーをクリックしますと自動的にPCのiTuneへコピーが始まります。

8.これで、iPodのデータが無事Mac PCのiTuneへコピーされました。Art Workも情報も全てコピーされます。

 

以上です。いちばん大切なのはiTuneに音楽データーを残しておくとストレイジがパンクしてしまいますので、一曲のデータはiTuneに必ず残しておいて、あとは外付けHDDに保存しておいて、必要なときだけStep-1とStep-2をしておくと、空き容量が半端でなく確保出来ます。消去する方法は該当する曲を選定してゴミ箱ゆきです。ゴミ箱は空にしてくださいね、念のため。それと『ミュージック』ホルダー内のiTune関係フォルダーは残しておいてください。