読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ODA不正の対処ーその5

先のブログにも書いたが、現在のコンサルタントPMはKという会社の社長である。社長業をしながらこのような大プロジェクトのPM実施するのは私の長年のPM経験からすれば不可能と言っても言い過ぎではない。JICAは私をPMにすることにこだわりを持っており、敢え…

ODA対処の不正4

2016年も終わり、2017年になった。前回は2016年8月末に「不正3」を記述したが、その後種々の出来事が生じて4ヶ月もの時間が経ってしまった。JICAの理不尽とも思える決定により(これはおいおい記述してゆつもりです)私のPMアサイン実現は絶望的になり、9…

iPod、iPhoneの音楽データをMac PCへ戻す方法

iPod、iPhoneの音楽データをMacのPCへ戻す方法は出来ない、出来るが面倒な操作だ、専用のソフトが必要、などなどネット検索しますとなんだがPCに慣れていない人は尻込みしてしまいますよね。ターミナルを開いて隠しファイルを表示させる方法でiTuneデータが…

ODA不正の対処ーその3

前回は、私の相談事とそれに対するJICAの最終回答を簡単に書いた。時間が経つにつれ正直、腹が立つことしきりである。ああいういい加減な回答ででODAにまつわる不正(この不正は金銭がらみでは無くJICA職員が実際に行った倫理規定違反であり、一国民に対する…

ODA不正の対処ーその2

事の始まり 結論から言おう。8月25日にJICAの「不正腐敗情報窓口」から私の相談事の回答がメールにて送付されてきた。3月7日に相談してから約6ヶ月かかった訳である。その回答結果は以下のごとくである。 JICA事務所において、不当な圧力その他の不当な対応…

ODA不正の対処ーその1

JICAにはODAにまつわる不正や腐敗に関する相談を受け入れる「不正腐敗相談窓口」というのがあります。私に対しJICA職員がJICAの倫理規定違反と思われる行動をしたため、その窓口に相談しました。今年の3月頃です。2、3ヶ月はそれなりに調査していたようです…

JICA職員への不思議な感覚

緒方貞子さんが2003年にJICAの理事長になった。それ以前、誰が理事長になるか色々と議論されてた。ところが、JICA職員の80%以上が緒方さんが良いという。その時私はODAを専門とする技術者として「不思議な感覚」を覚えた。緒方貞子さんの経歴は、決して…

日本ODAの不思議

JICAという組織は昔から不思議な組織であると思ってました。単なる金貸しの窓口であるにもかかわらず、コンサルタントや請負業者の組織運営まで口を出す。契約書を勝手にひん曲げて解釈する。権力を傘にきて相手国政府をねじ伏せるあるいはコンサルタント(…

異国での色々な出会い

初めてブログを開設しました。私は現在ベトナムに駐在している土木技術者です。もう30年近く海外生活をしてきました。このブログでは、いろいろな国で出会ったいろいろなことを書いてゆきたいと思います。特に私はODA関係の仕事をしていますから、税金を使っ…